喫煙にはセロトニンを分泌する作用のため禁煙は難しい

喫煙は、タバコに含まれている物質を体に取り入れることです。この物質が持つ作用が体に様々な影響を及ぼしていくわけですが、その中のひとつ、ニコチンには快感物質を分泌させると言う作用があります。脳にはニコチン受容体があって、そこにニコチンが結合すると、快感物質であるドパミンが大量に分泌されるのです。そして一度、このドパミンが分泌され気持ちの良さを知ってしまうと、脳や体はまたこの快感を欲しいと思うようになってしまいます。こうなるとタバコを止めるのが難しくなってしまい、いわゆるニコチン依存状態と呼ばれる状態に陥ってしまいます。この状態になると禁煙をしてニコチン摂取が止まってしまうと、体が不調を訴えるようになり、それが禁煙を達成することが難しい理由のひとつと言われています。またドパミンの分泌は、人間が生きていく上では欠かせないことです。しかし喫煙によるドパミンの分泌は、いわば強制的に行われているものであり、しかもその量は大量であるため調整する必要があります。その調整の役割を担っているのがセロトニンです。ところでこのセロトニンは、それ自体もストレス解消や心に安定をもたらすと言う作用を持っています。ですから禁煙を開始してドパミンの分泌が正常に戻ると、当然、セロトニンの分泌も正常に戻ると言うことになります。すると喫煙習慣がない人であれば特に問題を感じないセロトニンの分泌量であっても、喫煙によってその分泌が過剰になっていた人にとっては、非常に不足したと感じるようになってしまいます。するとやはり禁断症状として、セロトニン不足による精神不安定、強いストレスや理由もないのに寂しく感じる、空しく感じると言った不調が出てくる可能性もあります。これも禁煙達成に立ちはだかる大きな壁のひとつです。ちなみに喫煙によって衰えたセロトニンの神経機能を正常に戻すには、最低でも3ヶ月程度は必要だと言われています。